★反転授業ワークショップのご案内

日本Moodle協会東京地区交流会にて、反転授業の実践ワークショップを実施します。

反転授業の最新状況と、実践方法について実習形式で学べますので、ぜひご参加いただき、一緒に反転授業用のビデオ作成や、授業設計を体験してみましょう。

*会場の無線LANなどの手配をしますので、必ず事前申込みの上、ご来場ください。

また、ソーシャルメディアでシェアいただけると助かります。

開催日時:

2014年5月5日 午後1時〜午後4時(予定)

実習担当:

eエデュケーション総合研究所 井上

開催場所:

東京家政大学 板橋キャンパス 図書館情報棟 4 階 104A 号コンピュータ室 
(住所)東京都板橋区加賀 1-18-1 
(最寄)JR埼京線十条駅 下車徒歩 5 分
(アクセス案内)大学のアクセス案内ページ

実施内容(予定):

  • 反転授業の概要と実践手順について
    • 反転授業の起こりと、反転マスタリーモデルへの発展
    • 反転授業導入の効果
    • 反転授業用の予習ビデオ作成環境と手順の整理
  • 授業計画の作成
    • 授業計画の作成
    • 予習ビデオや確認テスト、教室での活動案の企画
  • 予習ビデオの作成
    • スクリーン録画ソフトによる予習ビデオ作成。
    • スライド型
    • ペンによる書き込みの収録
    • (簡単な編集)
    • MP4ファイルへのパブリッシュ
    • YouTubeまたはLMSへのアップロード
  • グループごとの発表とQ&Aセッション
    • グループで作成した反転授業用コースを発表していただき、参加者からのフィードバックを得ます。

事前課題:

  • インターネット接続可能なノートパソコン(タブレットでも可)を持参ください。
    Webカメラと音声マイクが付いてない場合は、外付けのWebカメラとマイクを一緒にお持ちください。
    どちらもない場合は、大学のPCが使用できますが、インストールが必要なソフトウェアは使用できません。
  • ノートパソコン(Windows/OS X/Linux)を持ってくる方
    http://www.screencast-o-matic.com
    のページをウェブブラウザで開き、「Start Recording」ボタンをクリックして収録メニューが出るようにしておいてください。Screencast-O-Maticは15分まで無料で収録できるスクリーン録画ソフトウェアです。注) OS X(Mac)については、ChromeブラウザとJava Pluginの互換性に問題があるので、FirefoxかSafariをご使用ください。以下のビデオで起動する手順と、起動後のメニューを確認できます。
  • iPad/Androidタブレットをご使用の方
    iPadで講義作成をしたい方は、App StoreにてExplain Everything(300円)を検索し、事前にインストールしておいてください。また、タブレット画面をPC上で録画したい場合はReflectorにてミラーリングできるようにしておいてください。よくわからない場合はノートPCを持参いただく方が簡単です。
    Explain Everything: https://itunes.apple.com/jp/app/explain-everything/id431493086?mt=8
  • YouTubeへのビデオ登録をするために、YouTubeアカウントを作成しておいてください。
    参考: https://support.google.com/youtube/answer/161805?hl=ja
  • LMSへのアップロード・倍速再生を実施するために下記にユーザ登録してください。
    無料でMoodleコース作成・動画配信テスト・倍速再生・スマホ対応ができます。
    https://www.flipclass2go.com/sandbox/

参加申し込み:

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご所属

当日持参いただく端末の種類(OSとバージョン)

ワークショップで学びたいこと

★反転授業ワークショップのご案内 was last modified: 5月 5th, 2014 by flipschool

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>